胆のうがんの早期発見と治療方法を選択することの重要性

がんのメカニズムとは

手袋をはめる

現在の医学では、がんの治療を行なうことが出来るようになってきました。しかし、未だにがんが発生する原因をしっかりと把握することができていません。
がんが発生するのは、主に細胞に異常が発生してしまうことによる細胞の突然変異だとされています。ここまでは、なんとか原因を突き止めてはいるものの、何故、細胞が突然変異を起こしてしまうかは分かっていません。
考えられる主な原因は、細胞が破壊される過程で再生途中に何かしら変化を起こしてしまった事による細胞異常が有力な説とされています。
皮膚がんなどの場合は原因がかなり分かりやすくなっていて、皮膚細胞が紫外線などにより破壊されるとメラニンが生成されるのですが、このメラニンが突然変異を起こしてしまった場合に皮膚がんになってしまうのです。
このようにがん細胞が発生する理由がはっきりしている場合には、前もって対策を行なうことでがんのリスクを下げることができます。

胆のうがんや胃がんなどの内臓系のがんの場合は、内臓に受けたダメージを修復しようと細胞分裂を起こす過程においての以上細胞の発生が主な原因としてあげられています。
内臓系の器官の場合は、身体に摂取される食物などを消化または解毒を行なう事が仕事となっていますが、この内臓を酷使してしまうと内臓が疲れてダメージを受けるので注意が必要です。
自分の身体をしっかりと管理していれば、がんの発生率を下げられるという事もわかっているので、身体の事を考えてから生活を送ることが重要です。

がんの診断方法

クレイアート 手術

胆嚢というのはかなり重要な臓器です。がんが臓器を犯した際には様々な初期症状が表れますが胆のうがんの初期症状は気にならない程度の体調不良の場合が多く、診断が難しくなります。診断はかなり慎重に検査を行う必要があるからです。

Read More

胆のうがんの治療

看護師

胆のうがんを治療する場合は、外科的手術を行なう事でがんを取り除く事がほとんどです。初期のがんの状態ならば転移などの可能性も少なく、胆嚢のがんに侵されてしまった部分を切除すれば再発の危険性もごく僅かですみます。

Read More

定期検診の重要性

医師と看護師

胆のうがんの初期症状はかなり見落としがちである程度症状が進行してから検査を受ける方が多いのですが、進行してしまった状態で治療を行なうと死亡率があがってしまいます。そのため、定期的な検診が重要になってきます。

Read More